犬の中でシーズーは、陽気で人懐っこく、感情の表現がとても上手です。
いつも主人のそばにいて、嬉し沿うに走ったり、とても甘え上手です。

シーズーというのは利口ですが、わがままな面もあるのでしつけ方に気を付けないと、したいようにするようになります。
賢いのでしつけも可能なんですが、少々飽きっぽいところもあるので、難しいしつけや訓練を教えるのは大変のようです。
少しずつ増やしながら、犬が飽きないように工夫してしつけましょう。犬の柴犬は、飼い主以外には、警戒心を持つ傾向があるのです。

自分というものをもち、自分をまげない面もあるのです。主人に対しては忠実なので、しっかり犬のしつけができます。

無駄吠えするという子もいますので、その点はしっかりとしつけてあげましょう。
柴犬の状況判断は普通にできます、覚えは悪くないです。忠実で飼い主に服従してくれるので、訓練もこなしてくれます。

頭のかたい面もあるのですが、高い判断力を持っています。ずっと昔のヨークシャテリアの先祖は、約19世紀中頃にイギリスのヨーク州の工業地帯で、ネズミを捕まえるために造り出された猟犬です。その血縁もあり、活発で自己主張が強く、自分の主張が強い面があるのです。甘えるのが上手で寂しがり屋ですが、自己主張も強いため、飼い主が主導権をもちましょう。理解力も良いので、何度も教えることなくしつけがスムーズです。家の人に怒られるのはどんな時かも理解していて、こちらの反応をみている事もあるのです。主人に従ってくれるし、覚えも早いので、楽しくしつけができます。

犬のフレンチブルドックは、賑やかでよく動き、可愛い仕草をみせたりして、懐きやすいです。頭の回転が良く、すぐに覚えられます。
人が話していることをわかろうと、耳を澄まして聞いている姿はとてもかわいいです。

騒ぐこともなく賢いので、こちらも落ち着いてしつけができます。

飼い主が何を言っているか大部分は理解できるので、叱りつけるしつけ方より、ダメなことをしてしまったら、じっくり話をして教える方が効果的です。社会性もあり、誰とでも仲良くなれます。
ミニチュアシュナウザーという犬種は、明るくあそびが大好きなので、懐くのに時間はかかりません。
甘えん坊な性格ですが、決められたことを、忘れず守れる優等生なところもあるのです。
頑固なところがあるのですが、とても利口で覚えが早いです。

状況の理解力もあるのです。行動力もあって、外に行くのも好きです。

何でも興味がるので犬のしつけも抵抗なくしっかりできます。
社会性・協調性はある方なので、何頭かで飼いたい人でもオススメです。

犬が通うしつけ教室は、どこも同じ料金設定という理由ではありませんが、1回1時間で3000~6000円ぐらいが相場のようですね。
犬のしつけは、少ししただけではきちんとできるようになるのはできかねるでしょう。

数回教室に参加しただけでできるようになっ立と自身が持てるのは、人でも困難なことです。中には会費制等で付加価値をつけたりするようですが、料金はかなりかさみます。プードルという犬種は、飼い主にとても忠実なので飼い易いのも人気の秘密です。トイプードルは、利口な犬で、サークルの鍵を自分で開けることができる子がいるらしいです。

頭の良さからしつけがしやすい反面、飼っている人が利用される事もあることですので、子犬のうちからしつけ方を知ってきちんとしつける必要があるのです。ポメラニアンは、飼い主についてまわったり、人に慣れやすく陽気な犬種です。
そんな面とは逆に、神経質なところもあり警戒心が強いです。

頭もよく、学習意力もあるので、しつけ方もしやすいと言えるかもしれません。

警戒心が強いので、不審な物音に反応し吠えたりします。
何でも吠えるという子もいるので、犬のしつけはきちんとして下さい。

利口なので問題なく訓練できますが、時間を決めて散歩(加齢と共に足腰の筋肉が衰えてしまうものなので、毎日少しずつでも楽しみながら続けていくと、体力づくりのためにもいいですね)すると、その時間が過ぎても行かなければすごく吠える事もあるので、きちんと決めないほうが良いかも知れません。チワワのしつけ方は、子犬の頃からしつけをしてあげれば、しっかりと覚えてくれます。遊ぶ事も大好きな性格なので、楽しみながらしつけ行いましょう。

社会性もあり、散歩(加齢と共に足腰の筋肉が衰えてしまうものなので、毎日少しずつでも楽しみながら続けていくと、体力づくりのためにもいいですね)も問題なくできます。

運動量は他の犬種より少なくてよいです。外に出なくても室内だけで充分なので、日本の住宅事情でも飼育できます。チワワの頭蓋骨は、大人になっても融合しにくい傾向にあるので、頭部への衝撃は避けるよう注意して下さい。チワワというのは、初々しくあそび好きな反面、弱虫なところもあり用心深くもあるのです。

先祖が番犬の役割をしてい立ということもあり、知らない人には吠えやすいようです。噛み癖を治すには、噛むと痛いんだっていうのを覚え指せること。人に噛むような行動をした時犬の口ぐらいを叩きながら痛いと怒りながら伝えましょう。

こんな要領で、犬が噛んだら痛いんだというのを教えこむんです。その後は噛まれてもリアクション(俳優さんの演技を指すこともあります)しないで、噛むのを止めた時にたっぷりと褒めてあげましょう。

こちらもどうぞ⇒老犬ドッグフードおすすめされた商品が凄すぎ?!